県内トップクラスの症例数の矯正歯科・マウスピース矯正「インビザライン」を扱う

〒658-0054 兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F
阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)/JR「住吉」駅より徒歩9分/阪急「御影」駅より徒歩10分

ご予約・お問合せはこちらへ

078-200-5507

症例写真

不正咬合(かみ合わせ)ごとの解説

不正咬合というのは歯が正しくかみ合っていない状態のことを指します。
不正咬合の種類では、
・歯がアゴに入りきらず、ガチャガチャに生えてしまっている叢生(そうせい)
・前歯が反対に咬んでいる反対咬合(はんたいこうごう)
・前歯のかみ合わせが深い過蓋咬合(かがいこうごう)
・上下の前歯がちょうど合わさっている切端咬合(せったんこうごう)
・奥歯で咬んでも前歯が当たらない開咬(かいこう)
・出っ歯と総称される上顎前突(じょうがくぜんとつ)
等があります。

叢生

叢生(そうせい)とは歯がアゴに入り切らず、ガチャガチャに生えてしまっている状態を指します。
幼い頃にアゴの骨が十分に成長発育ができず、永久歯が生えるスペースが不足していることが主な原因で起きる、日本人に最も多い不正咬合です。歯が磨きにくいため、虫歯や歯周病のリスクが高いといわれています。
叢生をインビザラインで矯正する場合、基本的には歯を抜かずに治療することがほとんどですが、歯並びの乱れ具合によっては「難症例」と診断され、抜歯が必要となるケースもあります。

矯正治療は、歯とあごの大きさのアンバランス度合い、歯並びの乱れの度合い、矯正による顔立ちの変化などの関係が深い分野です。そのため一人ひとりの患者さまごとに、適した治療方法が異なります。私どもは精密検査の結果を基に、一人ひとりの患者さまの歯とお口の状況に合った治療計画を立案いたします。

 

反対咬合

反対咬合(はんたいこうごうとは前歯が反対に咬んでいる状態を指します。
かみ合わせが上下反対で下顎がしゃくれていることから、見た目に大きな違和感を及ぼす不正咬合です。食べ物がかみ切りにくい、発音が不明瞭になってしまうなどの弊害が起こる可能性があります。
3歳を過ぎると自然に改善する確率がほぼなくなることから、できるだけ早い対応が必要とされます。
歯の生え方やクセ、習慣などが原因の反対咬合なら、インビザラインでの矯正治療を受けていただくことで改善が期待できます。

しかし骨格が原因で発症している場合には、矯正治療だけでは問題が改善しないこともあります。また成人の方の反対咬合では、外科的な治療を受けなくては根本的な解決にならないケースも存在します。

ご自身の症状が矯正のみで治療できるのか気になっておられる方は、ぜひ当院に一度ご相談ください。

 

過蓋咬合

過蓋咬合(かがいこうごう)とは前歯のかみ合わせが深い状態を指します。
下顎の運動が窮屈になることで、顎関節症を引き起こす可能性があります。歯列の奥に強い負担がかかるため、奥歯が虫歯や歯周病になるリスクが高く、早期に失われる原因にもなります。
悪化すると前歯で物を噛み切れなくなります。
過蓋咬合もインビザラインでの矯正治療が可能で、歯並びを整えれば前歯の噛み合わせを浅くでき、過蓋咬合の症状改善につながります。症状が軽い場合には、部分矯正を行うだけで治療できることもございます。

もし過蓋咬合になってしまった原因が舌のクセや口呼吸である場合は、それらを改善するトレーニングを行ったり、鼻づまりの原因を治療したりすることが必要になってきます。

 

切端咬合

切端咬合(せったんこうごう)とは上下の前歯がちょうど合わさっている状態を指します。
原因としては、舌の動きや口呼吸・アゴの骨の異常な成長のために起こりやすいと考えられています。切端咬合を放置すると、歯に負担がかかり、歯の一番先が欠けたり摩耗したりします。

開咬

開咬(かいこう)とは奥歯で噛んでも前歯があたらない状態を指します。
幼少期に舌を突き出す癖や、指しゃぶりをしていたことが原因だといわれています。発音が不明瞭になりやすくなるだけではなく、症状が悪化すると食事が上手に摂れなくなるため、早期に治療することが大切です。
開咬の治療では、矯正治療による歯並びの改善に加えて、開咬になってしまった原因を取り除くことも重要です。

また口呼吸が歯並びに影響を及ぼしているクセや習慣のひとつである場合には、鼻炎や蓄膿症といった、鼻呼吸を妨げる要因の治療も必要です。

 

上顎前突

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは出っ歯と総称される状態を指します。
下顎の成長不足や幼少期の指しゃぶりが原因だと考えられています。外からみて目立つことからコンプレックスになりやすく、唇が空きがちなので口腔内が乾きやすい、虫歯になりやすい等の悪影響があります。
歯並びの状態によって異なりますが、基本的には歯並び全体を整える治療を行います。軽度な上顎前突の場合は、部分矯正を行うだけで治療できる場合もございます。

上顎前突の原因が舌の悪いクセ(歯を舌で押す、前歯で舌を噛むなど)である場合は、その習慣やクセを取り除く指導も実施する必要があります。インビザラインのマウスピースを毎日装着することに加えて、ご自身の習慣やクセを見直すことも、矯正治療の一つです。

 

空隙歯列

「空隙歯列(くうげきしれつ)」とは全体的に歯と歯の隙間が広い状態のことをさす不正咬合です。

原因としてはあごの大きさに対して歯が小さかったり、歯の本数が生まれつき足りなかったりとさまざまです。

空隙歯列の中でも、特に上の前歯の真ん中に隙間がある場合は、「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼ばれます。

空隙歯列の患者さまは、歯と歯の隙間に食べ物が挟まりやすかったり、空気が抜けやすいために滑舌が悪かったりします。しかし、それ以上に見た目への影響が大きく、コンプレックスに感じられる方が多くいらっしゃいます。

 

歯並びが悪いと出てくる症状

  • 1
    むし歯・歯周病になりやすい

歯並びが悪いと、歯みがき等のブラッシングで口腔内のよごれが取れない部分があり、歯みがきの精度が落ちてしまいます。
また歯がかみ合わせた時に、歯と歯が当たって汚れ(プラーク)が自然に剥がれ落ちる場合などがありますが、歯並びが悪いと歯どうしが当たらず、プラークの自然の剥がれが起こらなくなります。
さらに歯並びが悪いと、口呼吸になる可能性が高くなります。口呼吸は乾燥した空気を直接お口に取り込むため、口の中が乾燥します。唾液が蒸発してしまい、唾液の細菌洗浄効果が不十分になってしまいます。その結果、むし歯や歯周病になりやすくなります。

  • ちゃんと食べ物を噛めない

歯並び・かみ合わせが悪いと、食事時に上手に食べ物を咀嚼することができず、消化不良につながるおそれがあります。
また歯並びが悪いと、硬いものが食べづらく感じ、柔らかいものを好む傾向があります。
柔らかいものばかりを食べていると、しっかり噛む習慣が身に付きません。
また歯並びは比較的整っている部分で咀嚼を繰り返すと、顎がゆがむ原因にもなりえます。

  • 口臭がひどくなる

歯並びが悪いせいで、口がきちんと閉じられないと、口腔内が乾燥してしまい口臭がひどくなる原因となります。
口臭がひどいと人前で話す際に抵抗が生じて、人と話すのが苦手になったり、
心の底からお口を開けて笑えないといったストレスやコンプレックスを抱える原因にもなります。

  • 顔の見栄えが悪くなる

上顎や下顎の前突やゆがみのほか、左右非対称の状態に顔のゆがみの原因となってしまいます。
また顔のゆがみは見た目のコンプレックスに繋がるケースが非常に沢山あります。

人前で思いっきり笑えなかったり、口元を隠してしまったりするケースが多くあり、悪化すると歯並びが気になって他人と食事ができなくなったり、喋れなくなったりする場合もあります。
そしてストレスが積み重なった最悪の場合、精神状態の悪化を引き起こしうつ状態に陥ることもあります。

  • アゴの関節に負担がかかる

歯並びが悪いと、噛むたびにアゴの関節に負担がかかり、顎関節症にかかる可能性が高くなってしまいます。
顎関節症の原因は、必ずしも悪いかみ合わせである、ということではありませんが、補助的な因子の一つになります。顎関節症はマウスピースによる矯正や生活習慣の改善といった治療が必要になってきます。

矯正治療の効果

治療前(反対咬合)

上記の写真では上と下の歯並びがふぞろいになっています。

治療後(反対咬合)

上と下の歯並びをインビザラインにより非抜歯できれいに咬むように矯正しました。
治療期間:1年8か月
通院回数:17回

治療前(上下叢生)

右上・右下に八重歯が生えており、叢生の状態となっています。

治療後(上下叢生)

右上・右下の八重歯が並ぶスペースを歯列弓の拡大を用いて非抜歯で矯正しました。
治療期間:2年3か月
通院回数(可能であれば):22回

治療前(上下叢生)

八重歯と咬合平面により歪みが生じています。

 

治療後(上下叢生)

上顎のスペース不足による八重歯と食いしばりによる咬合平面のズレと前歯のすきっ歯を非抜歯でインビザラインを用いて治療しました。
治療期間:1年7か月
通院回数(可能であれば):16回

治療前(叢生)

前歯2本の並ぶスペースが狭くなっています。

 

治療後(叢生)

前歯2本の並ぶスペースを歯列弓の拡大を用いて非抜歯で矯正しました。
治療期間:1年2ヶ月
通院回数:12回
抜歯の有無:無

治療前(上顎前突)

長年の食いしばりの結果、咬合平面が低下し前歯部が突き上げて出っ歯になってしまったケースです。

治療後(上顎前突)

スペースを確保して歯の傾斜を改善して治療しました。
治療期間:1年6ヶ月
通院回数:16回
抜歯の有無:無

治療前(叢生、上顎前突)

他院で4番目の歯を4本抜歯しないと言われたケースです。

治療後(叢生、上顎前突)

当院で親知らずが元々あった位置に1本ずつ後方移動させて非抜歯で治療しました。
治療期間:2年6ヶ月
通院回数:25回
抜歯の有無:無

おわりに

上記で矯正が必要だと思われる症状に関しましてご説明させていただきました。
当院では患者様一人ひとりに沿った治療を提供しております。
ご不明点などございましたら下記の電話番号からお気兼ねなくお伝えください。

また当院は矯正治療の無料矯正相談を行っておりますので、
・矯正治療に挑戦してみたい
・取り外しが可能で透明で目立ちにくいインビザラインに興味がある
といった方はお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

078-200-5507
医院名
クラッセ歯科・矯正歯科
住所
〒658-0054 兵庫県神戸市東灘区御影中町3丁目2−1 御影クラッセ 4F
阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)/JR「住吉」駅より徒歩9分/阪急「御影」駅より徒歩10分
診療時間
月曜・火曜・木曜・金曜
10:00~13:00/14:30~19:30
土曜・日曜
10:00~13:00/14:00~18:00
休診日
水曜・祝日

以下のページもご覧ください

なるべく歯を抜かないマウスピース矯正「インビザライン」を中心に、負担を抑えた矯正治療をご提供しています。お子さまの歯並びのお悩みもぜひご相談ください。

マウスピースを使った大人の矯正だけでなく、お子さまの歯並び改善にも注力。成長段階に合わせた無理のない治療を行います。

決して短くはない矯正治療の期間、当院は患者さまのご希望やご不安にしっかり耳を傾け、治療完了までサポートしてまいります。

痛みはあるのか。歯を抜かなければならないのか。子どもの矯正はいつ頃からが良いのか。皆さまが抱える疑問にお答えいたします。

治療に必要な器具・機器はもちろんのこと、患者さまの健康を守るための院内感染予防対策を徹底しております。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お気軽にご連絡ください。

078-200-5507

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:00~18:00
休診日:水曜・祝日

078-200-5507

〒658-0054
兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F

阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)
JR「住吉」駅より徒歩9分
阪急「御影」駅より徒歩10分