県内トップクラスの症例数でマウスピース矯正「インビザライン」を扱う

〒658-0054 兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F
阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)/JR「住吉」駅より徒歩9分/阪急「御影」駅より徒歩10分

ご予約・お問合せはこちらへ

078-200-5507

よくあるご質問

矯正後は何もしなくても大丈夫なのですか?

インビザライン矯正やワイヤー矯正は、歯を動かす動的治療に23年程度かかります。インビザライン矯正は、透明なマウスピースで歯を移動できるため、23年の治療期間も苦になりませんが、ワイヤー矯正は少し話が変わりますよね。ですから、矯正治療が完了するのを心待ちにしている人も多いです。ただし、矯正治療は完了後も継続しなければならない処置がある点に注意しましょう。

 

▼歯の後戻りを防止する処置

23年かけて移動した歯は、そのまま放置すると、少しずつ元の位置へと戻っていってしまいます。これを歯の後戻りといいます。そのため、動的治療が完了したら、続いて「保定期間(ほていきかん)」へと移行していきます。保定は移動した歯をその位置に固定するための処置で、リテーナーという専用の装置を装着します。保定にかかる期間は、動的治療とほぼ同程度とお考えください。

 

▼リテーナーとは?

リテーナーには、いくつかの種類があります。インビザラインの場合は、アライナーと同じようなマウスピースを用いることができますが、一般的なワイヤー矯正では、歯列にワイヤーを設置するタイプや少し硬めのマウスピースを装着するタイプなどさまざまです。とはいえ、動的治療に用いた装置より、異物感や違和感などは少なくなるため、心身への負担も減少します。

 

▼まとめ

このように、矯正治療終了後は、何もしなくても良いということではありません。原則として、保定期間へと入ります。保定処置を行わないと、矯正で得られた成果が無駄になるため要注意です。

以下のページもご覧ください

なるべく歯を抜かないマウスピース矯正「インビザライン」を中心に、負担を抑えた矯正治療をご提供しています。お子さまの歯並びのお悩みもぜひご相談ください。

マウスピースを使った大人の矯正だけでなく、お子さまの歯並び改善にも注力。成長段階に合わせた無理のない治療を行います。

決して短くはない矯正治療の期間、当院は患者さまのご希望やご不安にしっかり耳を傾け、治療完了までサポートしてまいります。

痛みはあるのか。歯を抜かなければならないのか。子どもの矯正はいつ頃からが良いのか。皆さまが抱える疑問にお答えいたします。

治療に必要な器具・機器はもちろんのこと、患者さまの健康を守るための院内感染予防対策を徹底しております。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お気軽にご連絡ください。

078-200-5507

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:00~18:00
休診日:水曜・祝日

078-200-5507

〒658-0054
兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F

阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)
JR「住吉」駅より徒歩9分
阪急「御影」駅より徒歩10分