県内トップクラスの症例数でマウスピース矯正「インビザライン」を扱う

〒658-0054 兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F
阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)/JR「住吉」駅より徒歩9分/阪急「御影」駅より徒歩10分

ご予約・お問合せはこちらへ

078-200-5507

よくあるご質問

矯正中に「歯茎が下がる」とは?

矯正歯科治療は、顎の骨にしっかりと埋まっている歯を人為的に動かす処置なので、治療中いろいろな症状が現れます。とくに「歯茎が下がる」症状は気になりますよね。専門的には「歯肉退縮(しにくたいしゅく)」と呼ばれ、歯周病でよく認められる症状です。今回はそんな矯正中に歯茎が下がる原因をわかりやすく解説します。

 

▼歯茎や顎の骨がもともと薄い

 

歯茎や顎の骨がもともと薄い場合、矯正中に歯茎が下がりやすいです。歯を移動した先で適切な量の歯茎を確保できないからです。これは治療のミスではなく、矯正に伴う避けられない症状のひとつといえます。もちろん、そうしたリスクは事前の精密検査によってある程度は把握することができます。その点も理解した上で、矯正治療を選択しましょう。

 

▼過剰な矯正力がかかった場合

 

 歯を動かす力を矯正力(きょうせいりょく)といいますが、これが強すぎると歯茎や顎の骨、場合によっては歯根を吸収させてしまうことがあります。適切な方法で矯正を進めていく上では起こらない現象です。

 

▼歯周病との違いは?

 

歯周病で歯茎が下がるのは、細菌感染に伴う炎症反応です。歯茎が赤く腫れ、細菌からの攻撃を受けていく中で、どんどん破壊されていきます。その結果、歯茎が下がるので、矯正における歯肉退縮とは原因が大きく異なります。

 

▼まとめ

 

このように、矯正中は偶発的に、あるいは避けられない症状として「歯茎が下がる」ことがあります。これはすべての矯正治療に伴うリスクのひとつです。

 

東灘区御影にある歯医者-クラッセ歯科クリニック-

658-0054兵庫県神戸市東灘区御影中町3丁目21 御影クラッセ 4F

以下のページもご覧ください

なるべく歯を抜かないマウスピース矯正「インビザライン」を中心に、負担を抑えた矯正治療をご提供しています。お子さまの歯並びのお悩みもぜひご相談ください。

マウスピースを使った大人の矯正だけでなく、お子さまの歯並び改善にも注力。成長段階に合わせた無理のない治療を行います。

決して短くはない矯正治療の期間、当院は患者さまのご希望やご不安にしっかり耳を傾け、治療完了までサポートしてまいります。

痛みはあるのか。歯を抜かなければならないのか。子どもの矯正はいつ頃からが良いのか。皆さまが抱える疑問にお答えいたします。

治療に必要な器具・機器はもちろんのこと、患者さまの健康を守るための院内感染予防対策を徹底しております。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お気軽にご連絡ください。

078-200-5507

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:00~18:00
休診日:水曜・祝日

078-200-5507

〒658-0054
兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F

阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)
JR「住吉」駅より徒歩9分
阪急「御影」駅より徒歩10分