県内トップクラスの症例数の矯正歯科・マウスピース矯正「インビザライン」を扱う

〒658-0054 兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F
阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)/JR「住吉」駅より徒歩9分/阪急「御影」駅より徒歩10分

ご予約・お問合せはこちらへ

078-200-5507

歯科ブログ

■インビザラインのクリンチェックとは?

 

マウスピース型矯正の代名詞ともいえるインビザラインでは、「クリンチェック」というシステムを活用して治療を進めていきます。耳慣れない名前のシステムなので、マウスピース矯正とどのように関係しているのか不思議に思われている方も多いことでしょう。今回はそんなクリンチェックの役割についてわかりやすく解説します。

 

▼矯正のデジタルシミュレーション

 

クリンチェックは、歯列矯正のデジタルシミュレーションを可能にするシステムです。従来の歯列矯正は、治療の開始からゴール地点までのプロセスを言葉でしか説明できませんでしたが、クリンチェックを使うことで3Dアニメーションによる視覚的な説明が可能となります。その上でまず重要となるのが3D口腔内スキャナーの「iTero(アイテロ)」です。

 

▼お口にかざすだけで歯型の情報が得られる

 

iTero」は、ペンタイプの小型の口腔内スキャナーで、インビザラインの矯正の効率や精度を大幅に向上してくれる装置です。インビザラインに対応していても、アイテロを導入していない歯科医院はたくさんありますこの装置を使えば、従来のシリコーン素材を使った不快な歯型取りが不要となります。それだけでなく、デジタルシミュレーションを可能とする精密なデータを取得することができるのです。

 

▼クリンチェックの流れについて

 

クリンチェックを活用したマウスピース矯正は、従来の矯正法とは異なる流れで進行します。上述したように、まずはアイテロによる口腔内スキャンを行って、歯列の三次元的な情報を入手し、利用可能なデータに変換したのち、オンラインでアメリカのアライン・テクノロジー社へと送ります。1週間後にはクリンチェックによるシミュレーションが届き、それを元に歯科医師が細かい調整を加えていきます。

 

◎歯科医師の技術・知識が重要となる部分も多い

 

インビザライン矯正では、クリンチェックを用いることで歯の移動のシミュレーションまで行うことができますが、その後のカスタマイズは歯科医師の力が必須です。患者様それぞれのお口の状態などを加味した上でアタッチメントを付与したり、スペースを確保するためのIPR(=歯を少し削る処置)を計画に盛り込んだりします。

 

▼まとめ

 

今回は、インビザライン矯正の肝となるクリンチェックについて解説しましたがいかがだったでしょうか。神戸市のクラッセ歯科・矯正歯科であれば、アイテロも導入しており、快適で精度の高いマウスピース矯正を提供することができます。

 

●合わせて読んでいただきたい当サイトページ

矯正歯科治療の流れ

矯正治療におけるリテーナーの重要性を解説

矯正治療中は虫歯になりやすい?予防方法は?

 

以下のページもご覧ください

なるべく歯を抜かないマウスピース矯正「インビザライン」を中心に、負担を抑えた矯正治療をご提供しています。お子さまの歯並びのお悩みもぜひご相談ください。

マウスピースを使った大人の矯正だけでなく、お子さまの歯並び改善にも注力。成長段階に合わせた無理のない治療を行います。

決して短くはない矯正治療の期間、当院は患者さまのご希望やご不安にしっかり耳を傾け、治療完了までサポートしてまいります。

痛みはあるのか。歯を抜かなければならないのか。子どもの矯正はいつ頃からが良いのか。皆さまが抱える疑問にお答えいたします。

治療に必要な器具・機器はもちろんのこと、患者さまの健康を守るための院内感染予防対策を徹底しております。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お気軽にご連絡ください。

078-200-5507

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:00~18:00
休診日:水曜・祝日

078-200-5507

〒658-0054
兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F

阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)
JR「住吉」駅より徒歩9分
阪急「御影」駅より徒歩10分