県内トップクラスの症例数の矯正歯科・マウスピース矯正「インビザライン」を扱う

〒658-0054 兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F
阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)/JR「住吉」駅より徒歩9分/阪急「御影」駅より徒歩10分

ご予約・お問合せはこちらへ

078-200-5507

歯科ブログ

■歯ぎしりと歯並びに関係はある?矯正治療への影響は?

 

歯並びの異常は、遺伝的な要因だけでなく、毎日の何気ない習慣や習癖によっても引き起こされます。その中でも気になるのが「歯ぎしり」ですね。歯ぎしりは大人になってからも継続する習癖であり、歯並びに関係するのであれば早急に改善する必要があります。今回はそんな歯ぎしりと歯並びの関係について、矯正治療への影響も含めて解説します。

 

▼歯ぎしりで歯並びが悪くなることがあります

 

結論からいうと、歯ぎしり・食いしばりといった悪習癖は、歯並びに悪い影響を与えることがあります。最も直接的な影響は、習慣的な歯ぎしりによって歯が傾く現象ですね。私たちが噛む力は大人であれば50kg以上に及びます。しかも歯ぎしりでは歯と歯の間に食べ物が介在しないことから、歯に与える影響は極めて大きくなります。それが毎日のように続いていれば、歯が傾いたり、歯が異常な位置へと移動したりするのです。

 

▼歯ぎしりによる“歯の摩耗”にも要注意

 

長年、歯ぎしりをしている人は、歯の噛む部分を見れば一目瞭然です。歯ぎしりを始めとしたブラキシズムが習慣化している人の歯は、噛む部分である咬合面(こうごうめん)が摩耗しているからです。重症例でではエナメル質の下の象牙質までむき出しとなります。その結果、知覚過敏の症状が現れたり、虫歯リスクが上昇したりするだけでなく、噛み合わせが深くなることでさまざまな歯列不正・不正咬合を引き起こすのです。

 

▼矯正中の歯ぎしりは治療の妨げになる

 

矯正治療を受けていてなかなか効果が現れない、装置を装着してからもう1年経つのに、ほとんど歯が移動していない、といったケースでは、背後に歯ぎしりなどの悪習癖が隠れているかもしれません。歯ぎしりによる圧力が矯正力とは相反する方向に作用している場合は、適切な効果が得られなくなります。そうした歯ぎしりによる悪影響が疑われる場合は、主治医としっかり相談して、最善といえる解決法を見つけることが大切です。

 

▼まとめ

 

このように、歯ぎしりや食いしばりなどの口腔習癖は、歯並びに悪影響を与えることがあります。それは大人になってからも同じなので、今現在、歯ぎしりの習慣がある人は、できるだけ早く改善するよう努めましょう。クラッセ歯科・矯正歯科では、歯ぎしりに関するご相談も承っております。

 

 ●合わせてお読みいただきたいサイト内記事

歯ぎしりと歯並びに関係はある?矯正治療への影響は?

不正咬合と残存歯数の関係性

小児矯正と成人矯正の違いとは?対象年齢や治療内容の違いを解説

 

以下のページもご覧ください

なるべく歯を抜かないマウスピース矯正「インビザライン」を中心に、負担を抑えた矯正治療をご提供しています。お子さまの歯並びのお悩みもぜひご相談ください。

マウスピースを使った大人の矯正だけでなく、お子さまの歯並び改善にも注力。成長段階に合わせた無理のない治療を行います。

決して短くはない矯正治療の期間、当院は患者さまのご希望やご不安にしっかり耳を傾け、治療完了までサポートしてまいります。

痛みはあるのか。歯を抜かなければならないのか。子どもの矯正はいつ頃からが良いのか。皆さまが抱える疑問にお答えいたします。

治療に必要な器具・機器はもちろんのこと、患者さまの健康を守るための院内感染予防対策を徹底しております。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お気軽にご連絡ください。

078-200-5507

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
△:14:00~18:00
休診日:水曜・祝日

078-200-5507

〒658-0054
兵庫県神戸市東灘区御影中町3-2-1 御影クラッセ4F

阪神「御影」駅より徒歩30秒(直結)
JR「住吉」駅より徒歩9分
阪急「御影」駅より徒歩10分